デザインの特徴は?|輸入住宅はPAGE-1(ページ1)へ。埼玉・神奈川・東京・千葉など対応中!

輸入住宅・注文住宅のPAGE-1

輸入住宅のデザインの特徴は?

輸入住宅・注文住宅のPAGE-1 ホーム > 輸入住宅のデザインの特徴は?

輸入住宅のデザインにはどんな特徴がある?

輸入住宅のデザインは豊富です。その特徴はさまざまですが、一貫して言えるのは下記のようなことでしょう。

  • 「時代に左右されない伝統的なスタイル」であること
  • 「孫の代まで残せる、100年経っても飽きのこないデザイン」であること

全体的にはがっしりしたイメージでありながら、所々に施された天然素材が映えるやわらかなデザインに、癒しを感じる方も少なくないのでは?

デザインに合わせた家具をそろえたり、お花を植えてみたり……。輸入住宅に住んでから趣味を堪能できるという方もたくさんいらっしゃいます。

全体的なデザイン

輸入住宅は、何しろデザインが個性的です。外観は素朴で重厚なものから、華やかでかわいらしいスタイルまで、デザインが多彩。最近の日本の洋風住宅とは違い、自然との調和を意識して素材を使った、味のあるスタイルが主流です。

かわいらしい壁紙、手描きのタイル、窓には木枠、内装にはアンティーク家具を……など、インテリアにも心なごむぬくもりを与えられます。また、輸入住宅にはガーデニングが非常によくマッチしますので、お庭のデザインにこだわってみるのも楽しいですね。

間取り

海外ドラマや洋画などを観て、欧米の住宅の広さに憧れた方は多いのではないでしょうか?

輸入住宅は海外の設計思想を取り入れているので、その間取りは実にワイド。日本の住宅の設計基準寸法が910mmであることに比べ、海外では1,000~1,220mmとゆったりしています。この差は完成した建物で比べると歴然です。ゆったりした間取りで、心もゆったり。くつろぎの空間です。

〒350-2206 埼玉県鶴ヶ島市藤金851-2  TEL:049-298-3443  FAX:049-298-7141

Copyright © 輸入住宅・注文住宅の有限会社PAGE-1.【埼玉・神奈川・東京・千葉】 All Rights Reserved.